« 言葉ではなくネタで | トップページ | 株 »

2014年8月11日 (月)

『STAND BY ME ドラえもん』

子供を成田に送った日の夜、

映画『STAND BY ME ドラえもん』を観た。

自分は子供の頃、マンガを読んでいた程度で、

別にドラえもんファンという訳でもない。

でも、『アメトーーク』で何度もやっているので、

綺麗にちりばめられた個々のエピソードは知っていた。

それが間違った解釈である事はわかっているが、

自分はこの映画を

“親離れ”“子離れ”の話として観た。

小学校の頃は、

『あれやって。これやって』『アレ買って。コレ買って』

とねだってきた息子が、

中2となった今、

順調に反抗期を迎え、距離を置くようになった。

未来にやってきた子供ののび太が、

大人ののび太に

「ドラえもんも来てるけど、会っていく?」と聞くと、

「いや、彼は子供の頃の友達だから」ときっぱりと断る。

昔は昔。

いつまでも引きずっていてはいけない。

一番好きなシーンだ。

« 言葉ではなくネタで | トップページ | 株 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532245/57136777

この記事へのトラックバック一覧です: 『STAND BY ME ドラえもん』:

« 言葉ではなくネタで | トップページ | 株 »