« 喫煙チームvs禁煙チーム | トップページ | 言葉ではなくネタで »

2014年7月26日 (土)

『GODZILLA』

GODZILLA』を観に行く。

衝撃だったのは、
公開2日目だというのに、ガラガラだったという事。
ゴジラの上陸はもはや国民的関心事じゃなかったのか。
子供の頃、
ゴジラ映画は夏休みや冬休みの大イベントだった。
加賀市唯一の映画館、
普段はポルノ映画専門の南映劇場が
この時期だけは東宝チャンピオン祭り
(ゴジラ映画とアニメの○本立て)となり、
劇場は子供達であふれかえった。
そもそもゴジラは作品の善し悪しではない。
それを見る事がイベントなのだ。
そんな懐かしい記憶を掘り起こしながら
楽しませてもらったハリウッド版『GODZILLA』。
おそらくこの映画、評価は低いと思う。
でも、その見方は間違っている。
今の時代にゴジラが何故現れたかなんて考えてはいけない。
大事なのは、
今回のゴジラの対戦相手がどんな怪獣で、
共にどんな風に人々の前に姿を現し、
対戦会場としてどの都市が選ばれるかだけ。
コンサートの4大都市ツアーみたいに、
だいたい点々とするから、その移動も魅力。
この映画の素晴らしいのは、
最初からゴジラは“いいもの”と決まっていたという事。
ゴジラ映画に不可欠な博士が、
もはや人間の手に負えない“悪者”怪獣を見て、
あいつを止められるとしたらゴジラしかいないと、
早々に結論を出してくれた。
そんなお約束を踏まえつつも、
対戦シーンの描き方は秀逸だった。
やもすれば、
ミニチュアセットの中での
着ぐるみ同士のプロレス中継みたいになりがちな
怪獣映画の対戦シーン。
この映画はほとんど地上の人間の見た目から描いていて、
敢えて見せすぎない事で美学を貫いていた。
上手いな、この監督。
『モンスターズ 地球外生命体』見ておけばよかった。

« 喫煙チームvs禁煙チーム | トップページ | 言葉ではなくネタで »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532245/56923693

この記事へのトラックバック一覧です: 『GODZILLA』:

« 喫煙チームvs禁煙チーム | トップページ | 言葉ではなくネタで »