« 『アデル、ブルーは熱い色』 | トップページ | 掛け算 »

2014年6月11日 (水)

視聴率と勝ち星

昔からよく

「視聴率はプロ野球のピッチャーでいうと何勝になるのか」

と考える事があり、

その当時は大体マイナス5かなと勝手に思ってた。

つまり平均視聴率20%の番組は15勝投手。

当時のホークスで言うと、和田投手あたり。

視聴率25%を越えるような怪物番組は

20勝投手という事で、斉藤和巳クラスだなと。

ところが近年、

テレビ全体がなかなか数字が取れなくなってきて、

今ちょうどプラマイゼロの同じになったのかなと思う

(あくまでゴールデンタイムにおいてだが)

平均15%の番組は15勝投手。

それより上の「イッテQ」なんかは、

マエケンや金子クラス。

平均10%いくかいかないかは、

二ケタ投手か、

一ケタ止まりの投手なのかという位、

大きな差がある。

5〜6%の番組は、

5勝(13敗)ぐらいの投手って事で、

来季は危ないかも。

大きな怪我なく、

毎年コンスタントに二ケタ勝ち続ける事がいかに難しいか。

始まってまだ1年ぐらいの「有吉ゼミ」は

多分12〜14ぐらいだから、

ルーキーイヤーで13勝もすれば新人王も当確だろう。

というふうに考える。

野球とテレビはやっぱり似ている。

二ケタ勝利を15年も続けていれば、

たぶん200投手になれる。

そんな名球会に入れるような番組を作りたい。

って、どんな目標なんだ。

« 『アデル、ブルーは熱い色』 | トップページ | 掛け算 »

コメント

ちなみに怒り新党とか、
深夜の番組は+何勝ぐらいだと考えてらっしゃいますか?
(野球好きに一目置かれる番組でもありますし。)

23時台に入ると、プラス3ぐらいかなぁ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532245/56467368

この記事へのトラックバック一覧です: 視聴率と勝ち星:

« 『アデル、ブルーは熱い色』 | トップページ | 掛け算 »