« BABY in CAR | トップページ | 焼き魚 »

2014年4月26日 (土)

誕生日

誕生日。

ここ何年か家族に気づかれず、

カード会社からのプレゼントだけが届くのが

恒例となっていたのだが、

今年は何故か、

1ヶ月程前の全く何でもない日に

子供からLINE

“誕生日おめでとうメール”が届いた。

土曜日のこの日、

仕事は20時頃には終わったのだが、

誕生日にいつもよりも早く帰るのは

恥ずかしかったので、

今から32年前、

東京で初めて暮らした街、

日野市の高幡不動に行ってみる事にした。

これまでも何か思う事があるたびに、

ちょいちょい行っていたので、

街があの頃とすっかり変わっていた事は

知ってはいたのだが、

駅前の不動産屋さんをチェックしてみると、

今はどんなアパートにも

バス・トイレがついている事に驚いた。

俺が初めて暮らしたアパートは家賃2万5千円。

勿論、部屋にトイレなどついているはずもなく、

汲取式の、

トイレと名乗るにはあまりに図々しい共同便所があるだけ。

臭いので、夜はいつもアパートの前で立ちションをした。

大はわざわざ駅ビルまで用を足しにいった。

風呂は離れの小屋みたいなところに、

共同の風呂があったが、

お湯は出ず、

浴槽の中に水を貯めて、

熱い電気の棒で温めるシステム。

そんな浴槽のお湯で頭や体を洗うなんて、

温泉育ちのプライドが許すはずもなく、

電車に乗って、聖蹟桜ヶ丘の銭湯まで行った。

そんな生活が2年間。

でも、今は最安値の家賃3万円の部屋でも、

バス・トイレがある。

何だったんだろう、あの生活は。

当時のアパートにも行ってみたが、

すでにそこは駐車場になっていて、

すぐ近くにある管理人さんの家は

そのまま廃屋になっていた。

そんな時間の小旅行を楽しみ、

でも、今の俺には家族がいると、

心の振り幅を作って家に帰ると、

ちょうど一台のタクシーが家の前で止まった。

知らないおっさんが降りてくる。

「ここに住んでんの?」と聞いている。

どういう事だ。

すると、その後から、

明らかに泥酔した家内が降りてきた。

俺は思わず電柱に隠れてしまった。

おっさんは再び、タクシーに乗り、

どこかに消えていった。

誕生日にえらいもの見てしまったぞ。

何者なんだ、

あのぱっとしないおっさんは。

« BABY in CAR | トップページ | 焼き魚 »

コメント

ちょー、懐かしいなぁ。畳の部屋、外のトイレ。

ぶら下がった蛍光灯。泣ける。。。

もう、無いんだな。あたりまえか。。。

今の俺には家族がいる、ささやかだけど、素晴らしいことかもね!

ユゴウ君、元気かな?

安藤は、この年になって父親になりましたよ。50歳で初めての子供で可愛くて仕方がないらしい。そうかもね。

一年の頃のアパートって、どこも酷かったよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532245/56002201

この記事へのトラックバック一覧です: 誕生日:

« BABY in CAR | トップページ | 焼き魚 »