« 焼き魚 | トップページ | 『ヒット番組に必要なことはすべて映画に学んだ』(著・吉川圭三) »

2014年4月28日 (月)

『クローズEXPLODE』

夜、映画『クローズEXPLODE』を観る。

意外と好きなんだよな、このシリーズ。

前作の『クローズZERO』はⅠもⅡも三池監督。

今回の『EXPLODE』は豊田利晃監督。

ZERO』で中心となっていた3年生が

卒業してからのお話。

元々の原作である漫画『クローズ』は

更にその下の学年のお話って事になるのかな?

映画版は映画版でまあ面白いんだけど、

僕は圧倒的に漫画

(『クローズ』『WORST』)の方が好き。

ずっと気になってるんだけど、

映画の方には何故か、大人(組)が出てくる。

あれっ、不良連中のお話じゃなかったの?

漫画では、

どんなにやんちゃだった連中も、

卒業と共に、

親の会社の後を継いだり、サラリーマンになったり、

バンドやったり、ボクサーや格闘家になったりと、

社会に入っていく。

10代の頃を自分たちでガキと位置づける

そういうとこが好きだったのに。

似ているようで大きく違うんだけど、

あれは誰の意向なんだろう。

『クローズEXPLODE』は、

大好きな映画、井筒監督の『ガキ帝国』を

ミックスさせたようなお話だった。

少年院から出所後、組に入り、

抗争を仕掛けていく藤原一(永山絢斗)が、

『ガキ帝国』の高(升毅)とかぶってみえた。

こういう映画って、

主役よりも脇役がみんなカッコいいんだよな。

今回も柳楽優弥は相当良かったけどな。

« 焼き魚 | トップページ | 『ヒット番組に必要なことはすべて映画に学んだ』(著・吉川圭三) »

コメント

hello there,I find your blog named "『クローズEXPLODE』: そーたにブログ" regularly,Your story-telling style is fantastic,keep up the good work! And you can visit my website about onitsuka tiger mexico 66 sale .

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532245/56003535

この記事へのトラックバック一覧です: 『クローズEXPLODE』:

« 焼き魚 | トップページ | 『ヒット番組に必要なことはすべて映画に学んだ』(著・吉川圭三) »