« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月19日 (木)

子供の笑い声

夜中、『アメトーーク』の新年会に参加。

夜中に収録する事の多いこの番組、

新年会はその収録後という事になるので、

去年か一昨年は

確か夜中の3時頃からのスタートだったが、

この日は収録が巻きで終ったらしく、

開始予定の12時半に駆けつけた時には、

すでに宴は始まっていた。

新年会の最後は当然、雨上りの挨拶。

そこで、宮迫さんが、

先日のスペシャルの『運動神経悪い芸人』を

家で子供がゲラゲラ笑っているのをみて嬉しかった

という話をしみじみ語っていた。

うちも全く同じだった。

うちの子も録画した『運動神経悪い芸人』を見て、

ひいひい笑っていた。

1時間以上、

飽きることなく笑い続けていた。

この光景がみたくて、

俺はテレビを作っているのかなとたまに思う。

正直な話、数字よりも嬉しい。

ちなみに『イッテQ』もよく笑う。

イッテQ出演者が子供に人気があるというのが、

間近で見ていてよくわかる。

自分がやっている番組ではないが、

年末の『ガキの使い』も

まあ呆れるくらい笑っている。

会議では言わないようにしているが、

子供の笑い声ほど耳に心地よいものはないんだよな。

2012年1月11日 (水)

『哀しき獣』

『哀しき獣』を見る。

大好きな『チェイサー』のナ・ホンジン監督の映画ということもあり、

期待が膨らみ過ぎたからなのか、

これでもかこれでもかで面白いは面白いんだけど、

正直途中からは訳がわからなかった。

最近、韓国映画の

あの手のバイオレンスアクションは

正直食傷気味。

ホントはミョンの不死身っぷりを

笑ってみればいいのかもしれないが、

どうしても自分は映画を真面目に見てしまう。

彼らの背景である朝鮮族というものを

正しく理解していれば、

もっと違った風に見えたのかも。

(一昨年観た『息もできない』も、

 正直僕は期待したほどではなかったのだが、

 韓国の女の子に

 『あの地域は………』という話を後で聞いて、

 それをわかって見てるのと、

 知らないで見てるのは全然違うよな

 と思ったりもした)

2012年1月 7日 (土)

『ジェノサイド』

『このミス』2011年の第1位となったこの本を、

正月旅行先のペルーで一気に読んだ。

これ程興奮して読んだのはいつ以来だろう?

この息詰まる展開&カタルシスは

『レディジョーカー』以来じゃないのか、

そこに『ジェラシックパーク』

マイケル・クライトンの着眼&発想が

注入されたような“なるほど感”

物語を貫く気持ちのいいメッセージ性。

自分でも何を書いてるのかよくわからないが、

これ、ひょっとして

今まで読んだ本の中で一番なんじゃないかな。

マチュピチュとナスカに持っていって

大正解な本だった。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »