« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月22日 (月)

誰でもいいのか

昨日から家内が韓流活動のためにソウルへ。

またピのコンサートなのかと思ってたら、

何とかスンギ

っていうやつのコンサートだった。

なんなんだ、そいつは。

おまけに今日、

帰りの便がイ・ビョンホンと同じだったらしく、

羽田空港で声かけて握手してもらったとか。

トイレから出てきたイ・ビョンホンと握手し、

更にその手を一応舐めといたらしいが、

一体この人は誰のファンなんだ。

2010年11月15日 (月)

バス停

数日前、家内と話をして、

毎朝子供と一緒にバス停まで行くのは

そろそろやめたら

という事になった。

朝が唯一のトークタイムだったとはいえ、

もう小学4年生。

お父さんと一緒にバス停まで行く年ではない。

幼稚園の2年間、

その前のスクールの1年間は

僕が車で送り、

小学校に入ってからの約3年半は

僕がバス停までついて行った。

幼稚園の頃は7時起き、

小学校に入ってからは6時起き。

約6年半、

朝は子供と一緒に出掛けていたことになる。

『パパがバス停までついて行くの、

 もうやめようと思うんだ』

そう電話で告げた時は、

子供は

『なんで?』

と電話先で泣いてくれた。

その声を聞いたら、こちらまで涙が出てきた。

学校が休みだったこの1週間、

その事でずっと気が重かった。

そして、今日。

いよいよその日が来た。

バス停まで行かないと決めていながらも、

もし万が一、

子供が泣くようなことがあったら、

その時はしょうがない

と俺も外に出掛けられる格好はしていた。

家内が(行ってあげたら)と

目でGOサインを送ってくれるんじゃないか

と淡い期待も抱いていた。

ところが、

びっくりするぐらい

子供はあっさりと玄関を出ていってしまった。

全く振り向きもせずに、

今までもずっとそうであったかのように。

2010年11月 8日 (月)

日本シリーズ

今日は朝からどこの会議に行っても、

昨日の野球は面白かった話。

中日―ロッテという最も地味なカード

。第1戦、第2戦共に地上波での中継はなし。

第3戦はテレ朝で中継があったものの、

一方的なゲーム展開で数字もふるわず。

最悪の日本シリーズになるかと思われたが、

第6戦の延長15回引き分けから、

18.9%と一気に数字が上がり、

昨日の第7戦の延長12回の死闘が

ついに20%越え。

ツィッター上でも

色んな人がどんどん中継に引き込まれていくさまが手に取るようにわかり、

この2,3日の

“やっぱり野球は面白い”ムードが、

非常に気持ちがいい。

ソフトバンクには気の毒だが、

終盤のロッテのたくましさは感動ものだった。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »