« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

決闘

先日、町山ちゃんに薦められた映画

『ボーイズ・オン・ザ・ラン』を観る。

勢いもあるし、細かいところも全部面白い。

学生時代からの想い出の映画館

テアトル新宿で観た事もあって、

20代の悶々としていた頃を沢山思い出した。

すっかり忘れていたが、

そういえば俺も決闘しなきゃいけない奴がいたんだった。

ただ、そいつの名前も顔も知らないんだよな。

2010年1月29日 (金)

仲良し

夜。中野と町山と飲む。

普通ならこの時期、

作家が集まると

各局の動きや業界裏話など

キナ臭い話題になりがちなのだが、

3人ともそういう情報に疎く、

政治に関心もないので、

いたって健全な話題に。

中野からは、Tweetieの魅力について聞き、

町山からはおススメ映画情報を聞く。

いつもながら、町山の映画分析には舌を巻く。

お返しに

俺からはとっておきの下ネタを教えてあげる。

これ以上話す事もないので、

2軒目は行かず解散。

話し足りない位がちょうどいい。

2010年1月28日 (木)

インスパイア

親バカだが、

最近息子の作文が飛躍的に上達。

先生は、父親の影響と思ってくれたらしいが、

家内がそれをきっぱり否定。

そこを強めてどうすんだとも思うが、

実際、俺には文才がない。

美文を書こうとすると、

身も凍るようなフレーズしか出てこない。

勿論、『野村ノート』の影響でもない。

正解は、

昨年末に家内と一緒に見た【韓流フォーカード】

韓流スター達の朗読を聞いて、何かを掴んだらしい。

映画『リトルダンサー』の、

ガテンな親父が、

息子のバレエを初めて見たときのように、

ちょっと嬉しい。

夜。

特番の池上さんを交えての会議。

あまり細かい事は書けないが、まるで池上ゼミ。

正直、授業料を払ってでも聞きたい内容。

その会議が終わり、

赤坂のパーキングに行くと、

18時から23時の約5時間停めただけなのに、

5100円。

こんなところで授業料を払っちゃったよ。

2010年1月27日 (水)

野村主義

『野村ノート』を読み終えた息子が、

今読んでいるのは、

後輩作家の(岩本)哲君から頂いた

『フルタの方程式』

相当面白いらしく、

先日も朝のバス停で俺に、

『満塁のピンチで

 どうしても三振が欲しい時のリードは

 どうすればいいか、パパ、知ってる?』

まずは変化球でストライクからボールになる球。

次のボールは……………。と、

そこから延々と解説。

しかし、

野球チームに入ってるわけでもない彼は、

その高度なリードをどこで活かすんだろうか。

休み時間の野球に

そんな緊迫した場面があるとは思えないのだが。

昼。

アマゾンから宅配便が届く。

息子が次に読む本『野村主義』と、

土曜俺が注文した水着満載のアイドルのDVDだった。

こっちは隠しとこ。

2010年1月25日 (月)

新年会

11時『イッテQ』の会議。

いつものように

昨日の数字に関する話や分析は一切なく、

ネタに入る。

途中、総合演出の古立君が、

一瞬、ぴりっとした事を言い、

おお~と思う。

これは、先日、

野村監督が自民党に呈した苦言

『勝ちに不思議の勝ちあり。

 負けに不思議の負けなし』

にも通じる。

その後、市谷に。

更に神宮に。

そしてまた汐留にと、

移動の多い一日。

最後は今の時代を読み解く会議。

途中退席する予定だったのだが、

面白かったので最後までいる。

僕も現代(いま)を捉えた発言をしたかったのだが、

『最近は、『月刊三十路』『月刊四十路』と、

 その手の雑誌も、

 ニーズに合わせて細分化されてますよね』

としか言えなかった。

その後、

『さまぁ~ずさまぁ~ず』の新年会に、

中野と一緒に途中参加。

普段、タレントさんと飲まないからか、

珍しがられてしまい、

2人のいる主賓席へと通される。

かといって、

性格上はしゃいだりできず、

誰もが一目置いているこの2人は、

どうしてあんなに面白いのか

間近でじろじろ観察してしまった。

新年会の後半は、くじ引き大会。

『中野・そーたに賞』は、

嫌な予感通り、俺が引き当ててしまった。

ので、やり直し。

実家がくじ屋だったせいか、

クジでは必ずまぬけな事になる。

中野に『ほらな』という。

2010年1月24日 (日)

パチもん夫婦

最近、ヤフオクにはまっている家内が、

珍しく俺にプレゼントしてくれた

モンクレールのダウンがあるのだが、

上海から届いたそれは、相当安かったらしく、

家内も多分パチもんだという。

原産国はルーマニアと書いてある。

そう言われると確かに薄くて軽い気がする。

が、逆にこれなら、

タバコ臭い会議でも平気で着ていけるので、

最近はすっかりヘビーローテに。

しかも、

パチもんなら誰ともかぶる心配もないし。

そんな家内は、

あるブランドのパチもんブーツを

たまに履いているのだが、

先日、ヨガスタジオで、

誰かがそれを履き間違えて帰ってしまったらしく、

店の人に言って、

残っていた本物のブランドの方を履いて帰ってきた。

してやったり顔で。

ちょっとサイズが小さいけど、

やっぱり本物は違うと喜んでたが、

後日持ち主が名乗りを上げ、

元のパチもんが返還。

2010年1月23日 (土)

ライブ

18時。

渋谷でAKBのライブを見る。

ちょうど同時刻、

大阪では家内と子供がピのライブ。

ものすごい熱気。

よくできてるなぁと思う。

このライブで、

俺はAKBの中で誰が一番好きか

を確認することができた。

他のメンバーが歌ってる時も

常にその子を目で追い、

やっぱりこの子だ、俺は全くブレてないと確信。

早速アマゾンで、

その子のソロDVDをワンクリックで注文。

これでよし、っと。

すると、

携帯に家内からメールが。

『多分、ピ君は私に気があるね』と書いてある。

アホか。やつは冷静さを欠いている。

2010年1月20日 (水)

エラー

最近、中野がTweetie, Tweetieと騒いでいて、

俺もやった方がいいと言うので、

まあやらないけど、見るだけみてみようかと、

去年インストールしたやつを開こうとすると、

ユーザーネームだか、

パスワードだかが間違ってるらしく、

エラーが出る。

以前、知り合いの野村さんに

これをセッティングしてもらった時は

簡単に見れたのに、何が違うのか。

かといって、

野村さんに俺のパスワード知りませんか?とも聞けず、

ATMで暗証番号を忘れた老人は

きっとこんな感じなのだろう。

以前、このような状況の時に、

誰かから、

アカウントは住所のようなものですよ

と教えてもらったことがあるが、

住所も名前も思い出せない、

まるで徘徊老人のような気分だ。

仕方がないので、

昨日の会議の時に中野がやっていた

指でこすると衣服がすけるやつと、

年末中野がやっていた

タッチすると胸が揺れるやつを、

メールで教えてもらい、

早速インストール。

そう、これこれ、こういう簡単なのがいいんだよ。

2010年1月19日 (火)

写真集

前から細川ふみえの写真集がずっと気になっていて、

長年ベールに包まれていたあれはどんな感じなのか、

何で今になってそんな事になったのか、

この目で確かめたくて、

こっそり買おうと思ったのだが、

いつも行く本屋にはなく、

先日行った川崎ラゾーナの書店は異常にでかくて、

この人はこの何万とある書物の中から、

この本を選んだのかと思われるのが嫌で断念。

アマゾンで買うことも考えたが、

家内がたまに届くピ関連のグッズと間違えて開けるケースも考えられるので、

ここはひとつ正直に言うかと、

先日の日曜、

家内に

『変な意味じゃなくて、

 細川ふみえの写真集がどうしても気になるんだけど、

 どう思う?』

と打ち明けると、

『アマゾンで買えば?』とあっさり認可が。

多分明日あたり届くはず。

どうなんだろ。

今日、

『ロンハー』の会議中、

突然、総合演出の加地君にブログを読んだと言われる。

しかも、半年分ぐらいさかのぼって。

2年も書いてて言うのもなんだが、

まとめて読まれるとさすがに恥ずかしい。

大きな書店で

細川ふみえの写真集を並んで買うのと同じくらいに。

2010年1月17日 (日)

私服

2010_011710001

記事やエピソードを読むたびに、

どうすればこんないい子が育つのかと、

つい親目線で感心してしまう

菊池投手。

高校時代、

つぎはぎだらけの学生服とジャージで過ごし、

私服を持ってないという菊池に、

西武の先輩たちが私服をあげてるらしいが、

なんと金村さんまでもが。

いくらOBとはいえ、

西武には若くてオシャレな選手が多いし、

何ならウエンツもいるんだから、

何も金村さんがあげなくてもよいのでは。

近鉄な感じの服じゃないか、

いい子だから律儀に着ちゃうんじゃないかと

とても心配だ。

オフの日、

ゴールドのネックレスと

虎の顔がでっかくプリントされたセーターを

菊池が着てきたらどうしよう。

2010年1月16日 (土)

今、『THIS IS IT』を観る

昨日、夜中まで

たっぷり映画の話をしてしまったので、

何でもいいから映画が観たくなり、

会議終わりで川崎ラゾーナに直行。

109シネマズで

『アバター(IMAX 3D版)』を観ようとしたところ、

1時間前なので余裕かと思ってたら、

すでに完売。

その後の上映も完売。

おまけに明日の上映まで完売。

IMAXではないシアターなら席があったので、

チケット売り場の人に

IMAXと普通のシアターでは、

 そんなに違うんですか?』

と聞いたところ、

『全然違います』ときっぱり言われてしまったため、

『アバター』は断念。

去年家内に、

『この世代で観たいと思わない君が信じられない』

と叱責された

THIS IS IT』を遅ればせながら観る。

高校時代、

ギター少年の林君に騙されて

ラジカセでフュージョンを聴いていた

音楽音痴の僕でさえ、面白いと思うのだから、

これは相当面白いのだろう。

家に帰り、家内に

MJって凄いね』と感想を伝えると、

どんだけ遅れてるんだと呆れられる。

2010年1月14日 (木)

今、紅白を見る

毎年楽しみにしている紅白歌合戦を、

朝から見る。

気になっていたサプライズゲストって、

やはり矢沢永吉さんだったのかと、

ほぼ2週間遅れて驚く。

でも、紅白ファンとしては、

今年はちょっと心に迫るものがなかったと感じるのは、

内容のせいなのか、

それとも今頃見てるせいなのか。

60回記念らしいが、58回目の時の方がよかった。

おそらく台本通りに、

最後まで赤組の勝利を信じて疑わず、

森光子さんに満足のいく一言を執拗に求める仲間さんが、

ちょっとかわいそうだった。

きっと真面目な人なんだろう。

民放と違ってNHKの番組は、

お金(受信料)を払って見ているので、

そんな不満も堂々と言える。

明日は、

これまた大好きな『ゆく年くる年』を見よう。

夜。

ある局で未来に向けてのちっちゃな会議。

かなり有意義なものだった。

最近、

こんな時代だからこそ健全な精神に立ち返ろう

としている局員が、

少しずつではあるが増えている気がする。

2010年1月13日 (水)

居残り練習

子供の学校が始まると、

朝の時間が有効に使えていい。

昨日の『ロンハー』の会議で評判になっていた

IPPON

勿論録画してあったので、朝見る。

確かに、セットとシステムが完璧だった。

シンプルなのに新しい。

そして、何より松本さんの解説が聞ける幸せ。

評判通りだった。

その後、

『キネ旬』の2009年のベストテンをチェック。

去年もあまり映画を見られなかったが、

幸いなことにその数少ない映画が

外国映画の1位から5位までにランクイン。

そのうちの3本は町山ちゃんから薦められたもの。

さすがだ。

その後、

近所の美容院で散髪。

歩いてすぐのところにあるので、

家族でお世話になっているのだが、

そこは何かの大会で優勝したほど上手くて有名なとこらしく、

深夜その店の前を通ると、

必ずスタッフが居残って練習している。

先日も、夜中家に帰る途中、

まだ電気がついていたので

ふと店の中を覗いてみると、

ひとりで金髪のマネキンを相手に

練習している美容師さんがいて、

よく見るとマネキンに話しかけていた。

おそらくトークの技術も磨いているのか、

あるいはトークしながらも、

カットの集中力をきらさない練習をしてるのか。

いずれにしても、すごいプロ意識だ。

2010年1月12日 (火)

シール

2010_01130001

『がんばろう町工――場』シール。

スタッフは

400枚も用意しておけば

充分だろうと思ってたらしいが、

今日の会議の時点で、7000も応募が来てるとか。

見えない輪を感じる。

誰それのところに頼めば、

安く増刷できるんじゃないかという細かい話をしていたが、

それを刷ってくれるのも町工場なのだろうか。

2010年1月11日 (月)

普段通りに

完全に通常営業の時間帯に戻り、

11時から会議。夜1時に帰宅。

ひとつも辛くはないが、

子供の風邪がうつったような気もするので、

風邪ひく前に風邪薬を飲む。

まだ何の症状も出ていないが、

明日は平石クリニックに行こう。

風邪は前倒しで治すに限る。

この時期、

年末年始に録画しておいた何か匂う番組を

チェックするのが楽しい。

勿論当てが外れることもあるが、

優秀な番組は何となく匂う。

食通はお店の面構えを見ればわかるというが、

そんな感じか。

見ながらこれは誰が作ってるか予想し、

スタッフロールを見て、答え合わせ。

知ってるスタッフだとちょっと嬉しい。

その手の単発番組とは違うが、

昨年末に見た

『サラリーマンNEO』の姜尚中さんのコントが

何か不思議で面白かった。

あがってるようにもみえたが、

途中からノッてるようにもみえる。

そもそも依頼を受けた時に、

何を思って自分にGOサインを出したのかもわからない。

その時もやはり悩んだのか。

姜尚中さんはやっぱり面白い。

2010年1月10日 (日)

田中

ダルビッシュ投手のブログは

時折チェックしているが、

今嬉しいことに、

一緒に自主トレしているメンバーの中に、

西武の田中靖洋投手の名前が。

石川県出身。

お兄さんは昔ロッテにいた田中良平投手。

今回の自主トレの目的として、

田中やダースらの指導・育成を掲げているだけに、

期待も大。

今年こそ何とかブレイクしてほしい。

どうでもいい事だが、

おそらく彼は石川県時代は、

石川のイントネーション、

田中の“な”の字を強く発する呼ばれ方をされていた

と思われるが、

彼が一軍のマウンドに上がる日には、

是非そのイントネーションで声援を送りたいものだ。

夜。

『アメトーーク』のBBSの書き込みを読んでいて熱くなる。

2010年最初の放送を飾るにふさわしい内容だったと思う。

2010年1月 9日 (土)

付箋

2010_01090002

インドで

息子がむさぼるように

読んでいた本

『野村ノート』

立命館メソッドを教えたわけでもないのに、

気がつくと付箋だらけ。

俺の方はインドで松岡正剛を読み、

悟りを開くつもりだったのだが、

人生初アマンの和食のお店が美味しすぎて、

やつれる予定が

インドで3キロ以上も太ってしまった。

更に計算違いだったのが、

東京以上の真冬の気候。

ガンジーのイメージから

俺がインドは暑いと言ってしまった為、

成田からほぼ毎日同じ服を着て過ごす事に。

しかも、

子供とプールに入る約束までしていたので、

真冬のデリーで子供とやけくその入水。

ホテルの客は

さぞかし得の高いお坊さんの荒行だと思っただろう。

大荒れの覚悟で望んだインドだったが、

日本人スタッフの行き届いたおもてなしのおかげで、

インドでまさかのトラブル0。奇跡だ。

昼からは会議。

インドでは家内にさんざん、

『君がインドで生まれてたら、

 多分あの人みたいに今頃ぼーっとしてるか、

 ひとりで宇宙と交信してるよ』

といわれたが、

確かに考えなきゃいけないことがあるのは

ありがたいことだ。

会議終わりで、

そういえば石井はどうだったのか?を聞く。

お正月番組の数字は

向こうでも毎日チェックしていたが、

それは忘れていた。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »