« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月28日 (月)

恵比寿

昼。

ある番組の会議で、

某局でこの秋から始まった番組が、

ある若手作家の企画だった事を知る。

ところが、

会議のスケジュールの関係で

その彼は外されてしまったという。

お気の毒だけど、

この業界、理不尽な事を言い出したら

きりがないんだよなとも思う。

夜。

用事があり、

何年かぶりに古巣のロコモーションに行く。

思い出と愛着のつまったオフィス。

(テリー)伊藤さんと話すのも、

2、3年前の『お笑いウルトラ』の会議以来か。

昔の伊藤さんはエピソードが豪快すぎて、

そこばかりがデフォルメされて今に伝わっているが、

伊藤さんが本当に凄いのはそこではない。

伊藤さんがこれまで手がけてきた番組の凄さも、

実は正確には伝わっていない。

その頃は今のようにDVDもなかったし。

本人が

昔を振り返るのをかっこ悪いと思ってる人なので、

それはもうしょうがないのだが。

その席には、

高橋雅也(がなり)さんもいたので、

先日あるパーティの抽選でもらった

テンガの感想を伝えると、

『住所教えて。大量に送るから』と言われる。

それは困る。

そして、

また『撮ってみない?』と言われる。

お前は変態だから、絶対面白いと思うんだよと、

以前も新宿パークタワーホテルのレストランで、

美しい夜景をバックに言われた。

僕もそう思います。

でも、僕がやると逆に笑えない気がするので。

と、今回も丁重にお断りする。

2009年12月27日 (日)

ディナー

朝、AKBと打ち合わせ。

こんなに間近で見たり話したりしたのは初めて。

今を感じるアイドルだけあって、

やはりまぶしい。

早起きした甲斐があった。

夜。

オシャレして家内とディナーへ。

行くまでは非常に不安要素の多い立ち上がりだったが、

やはり昔付き合ってただけあって、

意外と仲いい感じの食事となった。

美味しい料理とワインのおかげだ。

2009年12月26日 (土)

サンタさんへの詫び状

家内から、

昨夜息子が風呂場で号泣してたと聞かされる。

イブの前夜、

本当はサンタはいないんじゃないかと疑ってしまい、

そんな自分にプレゼントをくれたサンタさんに

本当に申し訳ないことをしてしまった

と泣いたらしい。

それで年賀状だったのか。

大丈夫。

サンタさんはそれも含めて見てるから。

2009年12月25日 (金)

難題

急に時間が空いたので、

仕事しようと、

お台場のスタバへ行くと、

まさに今がピークのカップルだらけだった。

甘ったるい会話をたっぷり聞かせてもらった。

浮かれやがって。

これをバネにしてやる。

こっちは

子供がスキーキャンプに行ってる間、

夫婦間の会話をどうしようかと

今からガチガチに緊張しているというのに。

『会話がとぎれない話し方!66のルール』

でも買おうか。

しかし、66は多すぎないか。

66もルールを覚えられる頭があれば、

そりゃ会話もとぎれないだろう。

しかも、

月曜に予定されていた

ピ出演のファッションショーが急遽中止に。

ブラックマンデーな予感。荒れそうだ。

夕方。

子供から電話があり、

『サンタさんに年賀状を送りたいから、作って』

という。

さて。

プレゼント

Dscf4478

午前2時。

今年は色々あって、

サンタさんへの伝達が

遅れてしまったが、

何とかプレゼントは間に合ったようだ。

ツリーの隣りでは

家内が泥酔してだらしなく寝ていたが、

そこには俺がサクロンを置いておいた。

2009年12月22日 (火)

100回記念

昼の『ロンハー』の会議で、

先日のM-1の話をする。

ほとんどが笑い飯の話。

去年は、

オードリーの話しか出なかった気がする。

夜。

『イッテQ』の100回記念を兼ねた忘年会。

最近、ゴールデンの大所帯の番組は、

質素をスローガンに

『さくら水産』とかでやるイメージが強いが、

こんなに盛大なパーティーは、今どき珍しい。

久しぶりに内村さんとちょっとだけ立ち話。

相変わらず、やりやすい感じをかもし出してる。

芸人さんたちにも慕われ、子供も生まれ、

ますますいい感じになってる気がするが。

その後、

33階のバーに席を移す。

東京の美しい夜景を見下ろしながら

飲んでいるだけで、

何かに成功したような気分になるのは

田舎者の習性か。

2009年12月21日 (月)

『12人の怒れる男』

参考資料として、夜中、

昔の名作『12人の怒れる男』を見る。

期待通りの面白さ。

連日何らかの会議をやっているが、

自分にはどれだけ確信があっても、

11人の反対意見と真っ向から対立する勇気はない。

あの会議にこの会議、

色んな会議を当てはめながら見たが、

全て今に通じる見事な人間描写だった。

仕事の参考になったかどうかはわからないが、

気持ちの参考にはなった。

2009年12月20日 (日)

家庭料理の店

家内と子供がスキーに行ってしまったため、

夜はひとりで食事。

ひとりの時、いつも行っていたお店は

ほとんどが日曜定休日だったことを知る。

自由が丘の街を散々さまよったあげく、

観念してその隣りのお店に入ると、

店のご主人とその奥さんと

客は俺ひとりだった。

NHKがついているテレビと石油ストーブ。

冬の寒い夜は

こういうお店の方がしみじみしていい。

宿題をする店の子供のように、

ノートを広げて目一杯仕事をさせてもらった。

2009年12月19日 (土)

ドーナツ

1219_013

家内がコストコで買ってきた

ドーナツ焼き機

(何ていうんだ)で、

早速、子供がドーナツ作り。

コツコツと20個近く作る。

子供が作れば、何でも美味い。

昨日今日と背中が痛い。

寒波のせいなのか、

それとも、

木曜日、子供の狭いベッドに

無理な体勢で添い寝してしまったからか。

夕方から

喫茶店にこもり企画書を半分書く。

一気に書けばいいのに、

目処が立つと、明日に残してしまうのは、

昔からの癖。

長いスタジオ台本を書くときも同じで、

目処が立ったところで、

必ずやめて、提出期限ギリギリまで残す。

夜、

昔からよく知っているディレクターと、

限りなく趣味に近い会議。

俺にとっては遊びでも、

向こうにとっては非常にプレッシャーのかかった仕事。

楽しくて申し訳ない。

2009年12月18日 (金)

定刻より2時間遅れ

夜、子供から、

まだ帰らないのかと電話が。

今日で2学期が終わったためか、

夜更かししているようだ。

電話で今日あったことを色々話すと、

最後に急に小声になり

『そういえば、

 ママが乾燥機の事で怒っていたよ』と。

その瞬間、

帰宅は定刻より2時間遅れに変更。

家に車だけ停めて、そのまま夜の街へ。

料理が出てくるのが異常に遅いお店に、

ハードカバーの本を持っていく。

一夜あければ、人間の記憶は薄れるはずだ。

2009年12月17日 (木)

美容院

松井がエンゼルスへ。

同じ石川県人として、

その動向が気になっていただけに、

いい球団に決まり、ほっとする。

ソーシア監督なら安心だ。

来季のマリナーズvsエンゼルス戦が

今から楽しみ。

アナハイムだったら、見に行けるかも。

夜、

家内が子供と義母を連れて、

韓国の4大スターが東京ドームに集結した

【韓流フォーカード】へ。

お前はピ・ファンじゃなかったのかよ。

お義母さんも、

この手のイベントは初めてで、

この日のためにわざわざ美容院に行ったらしい。

何故?

2009年12月16日 (水)

正月番組

毎日放送の

たけしさんのお正月番組の収録へ。

会議もあって、

1時間も立ち会えなかったが、

夜、

プロデューサーからメールがあり、

収録後、たけしさんも上機嫌で、

早速次回はこうしようという話が出た

と伝え聞き、ほっとする。

昔、

『元気』をやっていた頃は、

スタジオのたけしさんが

VTRを見て笑ったかどうかだけが

一番のモチベーションになっていた事を思い出す。         

2009年12月13日 (日)

上海蟹

前から評判になっていた

テレビ東京の『空から日本を見てみよう』

HDDに録っておいたやつを初めて視る。

なるほど、これはいい番組だ。

ゴールデンタイムで、

(ナレーション以外)

タレントさんを使わずに作っているバラエティ

という点において、とても画期的。

これは大きいと思う。

夜。

家族で自由が丘の中華料理店に

上海蟹を食べにいく。

正確に云うと、俺はむいただけ。

身もかに味噌も全部家内がひとりで食べやがった。

越前ガニで培った

俺の蟹むきの天才的なテクニックも

家内が食べるペースには勝てなかった。

2009年12月12日 (土)

詰め合わせセット

夜。

『アメトーーク』のプロデューサーさんの

結婚パーティーへ。

その人は元々、

出川さんのマネージャーさんだった事もあり、

マセキの芸人さん達やウドや有野の顔も。

笑いあり、涙ありのいいパーティーだったのだが、

そこで行われた抽選会で、

確かケンコバ賞だったと思うが

僕はテンガの詰め合わせを獲得。

初めて見た。

これ、子供に見つかったら、何て説明しよう。

いかにも興味を持ちそうなデザイン。

上手く説明しないと、

頂戴と言われて、部屋に飾られそうな気がする。

2009年12月11日 (金)

生写真

013

家内が

ピの香港公演で

取りまくった写真。

香港では撮り放題らしい。

400枚近くある。

が、3分の1はピンボケ。

以前、現像する時にピンボケは削除しようとしたら、

大激怒されたので、

以降、全ての写真をプリントアウト。

これだけあるとプリントにえらい時間がかかるし、

写真用紙も勿体ないので、

途中からこっそり写真用紙のレベルを並に落とす。

ピのコンサートでは、

お約束で服をビリビリ破って、

上半身裸になる展開が必ずあるのだが

(服に縫い目が見えるので、すぐわかるらしい)

写真を見たら、

その場面での連写ぶりはひどかった。

しかも、相当心が乱れたらしく、

そのほとんどがブレていた。

2009年12月10日 (木)

サインボール

017

作家の村上から、

子供さんにと頂いた、

楽天・岩隈投手のサインボール。

その裏には、山崎武のサインも。

先日の日曜日には、

野球教室で参加した子供たち全員にサインボールが。

どの選手のサインボールかは、

袋を開けてのお楽しみだったのだが、

うちは何と工藤投手だった。

更に、

2週間前には、

美人すぎる放送作家・勝木から、

ドジャーズ・黒田投手のサインボールが。

以前から知り合いだと言ってたので、

機会があったら是非とお願いしてたら、

ホントに貰ってくれた。

あいつはどんな人脈してんだ。

代理人になれるんじゃないか。

その頃、丁度息子の誕生日があったので、

プレゼントにつけたら、

俺のはさておいて、こっちが本命になっていた。

そんな訳で、

この1ヶ月で

球界を代表する投手のサインボールが3つも。

子供には贅沢すぎる。

お年玉に100万円あげてるようで、

これでいいのかとも思ってしまう。

でも、

俺がゲットしたサインボールは、

たまたま神宮のバッティングセンターで遭遇した

400勝投手・カネやんのサインボールだけ。

カネやんでなければ

存在感がどんどん薄まるとこだった。

2009年12月 9日 (水)

読まなきゃ

『このミス』が出てたので、

上位作品をまとめて買う。

今回のはどれも長そう。

こういうのがないと、

なかなか読書する気になれないので、

とても助かる。

1位の『新参者』は、

途中まで読んでいたが、

面白いと思いつつも、

特番が重なり、

池上さんの本をまとめて読み始めてしまった事もあり、

すっかり中断していた。

記憶に不安があるが、早速今日から再開しよう。

本屋をのぞく行為は中毒になっているが、

読書が中毒になる事はなく、

結局買っても、5冊に1冊も読んでない気がする。

2009年12月 6日 (日)

野球教室

息子とクラスのお友達数名を連れて、

『~夢の課外授業~

 チャリティ・キッズ・

 ベースボールスクール2009』へ。

なんとあの工藤公康投手はじめ

現役のプロ野球選手がコーチしてくれる野球教室。

そういうのって

オフシーズンのスポーツニュースではよく見るが、

実際に立ち会うのは初めて。

すっかり興奮してしまった。

しかし、あれはいい。

あれは野球少年たちにとって、

相当なモチベーションになるはず。

しかも、驚いたのは

工藤投手が、投手志望の子供たち一人ひとりに、

怪我をしない投げ方をめちゃめちゃ熱心に直接指導。

まるで『フルタの方程式』。

菊池はいい球団に入ったと確信した。

そして、最後は、

参加した各チームから代表者ひとりづつが、

なんとプロの投手と対決できるというもの。

といっても、

うちらはクラスのお友達同士、

4番がいるわけでもないので、

僕が

『やりたい人でジャンケンで決めなさい』と指示。

息子もきっと打ってみたいんだろなと思って、

目をやると、

息子はジャンケンの審判をしていた。

後で聞いたら、

『本当はやりたかったけど、

 みんなから『お前がやれ』と言われないとできない』

と言っていた。

そういうところが俺とそっくりだ。

重松清さんの小説みたいだ。

2009年12月 5日 (土)

偶然③

ピが来日するとあって、

家内が朝っぱらから羽田にお出迎え。

で、帰ってくるなり、

鼻息荒く、

今回のピの滞在ホテルはおそらくお台場だ

と俺に報告。

なんでも、羽田からの帰りの首都高で、

ピの車を偶然発見、

あわてて追跡したら、お台場で降りたという。

追っかけ歴の長い家内は、

ピのSPの顔を知っていて、

首都高でふと隣りの車を見たら、

そいつが乗っていたらしい。

ところが、向こうも家内の顔を知ってるので、

『あっ、あの女は』と思ったらしく、

一度はまかれてしまったらしいが、

執念で再び発見。

そんなちょっとしたカーチェイスが、

羽田―お台場間で繰り広げられていたなんて。

家内的には、

それ以上追跡するのは、

ピファンとしてマナー違反だから、

敢えて引き返したと言っていたが、

ドライバーとして、すでに充分マナー違反だ。

『やっぱり何か運命を感じる』というので、

『運命って、あるんだね』

と適当に返しておいたが、

そんな事より

あいつはやっぱり刑事になれるんじゃないか。

2009年12月 4日 (金)

偶然②

8月からコツコツやっている特番の会議。

放送は来年。

会議の冒頭、

総合演出から、

「ちょっと見てほしいものがあるんですよ」と、

先日、CSで放送されたらしいある番組を見ると、

僕たちが今やっている事と

全く同じ主旨・構成の番組だった。

まさかと言葉を失う。

考えられるとすれば、

おそらく企画のヒントとなっている

海外のあるマニアックなPVを、

向こうも見ていて着想したのだろう。

しかし、考えていた演出方法もまるで同じで愕然。

別に誰に腹が立つわけでもないが、

こんな事もあるのか。

2009年12月 3日 (木)

偶然①

先週、テレ朝のテレビには

上戸彩さんが出まくっていた。

ドラマの番宣だ。

で、

今日の『アメトーーク』

「やっぱり上戸彩芸人」

見た人のほとんどが、

番宣がらみをアメトーーク風に料理した

と思っただろう。

特に業界人は。

まあ、そういう事だよねと。

ところが

実際はただの偶然だ。

芸人さんやスタッフ内に

上戸彩さんの熱烈なファンが多かったので

企画されたものが、

恥ずかしい事に、

たまたま番宣ウィークに当たってしまっただけ。

だから、ドラマの放送後に放送。

気持ちは本物、純度100%の企画であることを、

誰に主張するわけでもないが、明示しておきたい。

2009年12月 2日 (水)

どういうことだ?

その放送当時、

見た人が、あれは凄い、

あれはもうぼろぼろきますよと言っていた

TVドキュメンタリー『泣きながら生きて』が、

どなたか心ある学生さんの働きかけによって、

先週土曜から新宿のバルト9で劇場公開の運びに。

といっても、

午後の2回だけなので、

なかなか時間が合わず、やきもきしてたのだが、

今日、会議が3つも中止になり、

よし、よしっ、よーし、いざ新宿へと

一応上映時間を確認したら、

何故かやってなかった。

どういうことだ?

こっちはもう1ヶ月前から楽しみにしてたのに

2009年12月 1日 (火)

トイレットペーパー

12_008

昨日

ある制作会社に行ったら、

トイレにこんな注意書きが。

手を洗った後、

わざわざこの位置にあるトイレットペーパーで

手を拭くやつがいるって事か?

余計汚くなってないか。

しかも、

これを張り出すって事は、

きっと上の偉い人がウンコをして、拭いた時に、

お尻にひやっとしたものを感じたのだろう。

しかも、それは一回か二回の事ではないのだろう。

12_013 12_014

12_007

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »