« 『僕らのミライに逆回転』 | トップページ | 12月25日 »

2008年12月24日 (水)

12月24日

昨夜、

一番付き合いの古い作家仲間の田中直人から電話が。

この男、普段めったに電話など掛けてこないが、

この時期になると必ず掛けてくる。

年末、飲みませんかという電話。

ここ何年か続いている田中仕切りの同期の飲み会。

古い仲間や恩師との付き合いを大切にする、

いかにも青森県人の田中らしい昭和な配慮。

同じ作家なんだから飯なんかいつでも行けるのに、

年に1回しか誘ってこないのも、

いかにも田中だ。

結局、その日、打ち合わせがあるので、

遅れて合流するよと言ったものの、

あいつはいまだに携帯を持っていない。

ので、

その日は公衆電話から掛かってくるのを、

ひたすら待つしかない。

あいつは21世紀を何だと思ってるんだ。

夜、

家に帰ると、

玄関に子供が書いたサンタへのメッセージが。

リビングのテーブルに、

ミルクとクッキーがあるから、

召し上がってくださいと書いてある。

まいったな、

俺の苦手な甘ったるいクッキーだった。

サンタからのプレゼントは、

キャッチャーのプロテクター。

綺麗にクリスマスカラーにラッピングしてある。

で、

俺からのプレゼントは、キャッチャーマスク。

こっちはわざとむき出しに。

値札もつけて、

いかにも買ってきましたという感じに。

が、この2つが並んでいるのは、

あまりに不自然。

どっちもミズノの黒だし。

大丈夫か?

しかも、

その前に村上サンタと岩本サンタから、

お金で買えない貴重なプレゼントを頂いているので、

正直見劣りがする。

早速、デジで、サンタが来る前のツリーを撮影。

横で、家内が韓国の変なバラエティを大音量で見てる。

で、次はサンタが来た後のテーブル、

そしてツリーの下のプレゼントを撮影したのだが、

横で家内が韓国の変なバラエティを相変わらず見てるので、

このつながりだと

家内が韓国の変なバラエティを見てる時に、

サンタがやってきたことになってしまう。

しょうがないので家内に目撃証言を撮ろうと

「さっきサンタが来たでしょ?」

と恥ずかしいインタビューすると、

「私のプレゼントは?」と返されてしまった。

つながらないぞ、これ。

« 『僕らのミライに逆回転』 | トップページ | 12月25日 »

コメント


先生、Merry Christmasです!(^_-)-☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532245/26493309

この記事へのトラックバック一覧です: 12月24日:

« 『僕らのミライに逆回転』 | トップページ | 12月25日 »