« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

朝の一言

朝、

いつものように子供と一緒にバス停まで行こうとすると、

家内がじぃーっと俺の格好を見て、

『その格好で外出るの?

 ………田舎の数学の先生みたい』と。

すごい、

あいつ 俺のブログの存在知らないのに、

昨日書いた事をそのまま言いやがった。

2008年10月29日 (水)

スーツ

『テレビってヤツは!?』のスタジオへ。

久米さんの番組だけあって、

男性スタッフのスーツ率が高い。

スーツおよびジャケットの人が約95%。

電通の人たちなんて

黒系のブランドものっぽいスーツにノーネクタイと、

まるでそれがビジターのユニフォームのように着こなしている。

そのままスポーツバーに行ってそう。

そんなエグゼクティブなムードの中、

僕だけが日曜のお父さんみたいな小汚い格好。

本当は僕もこんな時くらい、

びしっとした格好でのぞみたいのだが、

いかんせん持ってない。

以前それらしきものを買ったら、

家内に

『地方の学校の先生みたい』とか

『農家のお父さんの参観日』とか見事に表現されてしまい、

以来買うのもやめた。

それはそうと、

この番組に出ている姜尚中さんが面白い。

普通テレビに出てる人は、

テレビに出てる以上、何らかコメントしなきゃ

と頑張るものだが、

姜さんは人から何かを聞かれるまで一言も喋らない。

それでいて聞かれると、

とても深みのある意見を静かに語り始める。

普通これだけの意見を持っていれば、

タイミングを見計らって言いたくなるものだが、

余程の事がない限り、自分からは発言しない。

誰も聞かなきゃ

スタジオでお茶だけ飲んでそのまま帰っていきそう。

テレビ界は出る人も作る人も

押しの強い人ばかりだと思っていたが、

あんな人もいるんだ。

『七人の侍』の宮口精二みたい。

2008年10月27日 (月)

悩む力

この秋からやっている久米さんの番組に

姜尚中さんが出ているのだが、

出演者の本を読んだことないというのもどうかと思い、

『悩む力』を読む。

恥ずかしながら内容は半分位しか理解できないのだが、

でも面白い。

これだけ悩む事を正当化してくれると助かる。

こういった、人よりもはるかに頭のいい人には

世の中がどう見えているのか、とても興味がある。

スポニチと毎日小学生新聞が

主な情報源である僕にとって、非常に刺激的だ。

2008年10月23日 (木)

社会人として

夜の会議がふたつなくなった事に喜んでいて、

そこに急遽入れた会議のことを

すっかり忘れていた。

自由が丘の喫茶店で、

さあ仕事でもするかとやる気満々だったところへ

中野から『会議まだですか?』とのメールが。

更に、

俺に合わせてこの時間になったんですよとのメールが。

気まずい。

でも、

今から行ってもかえって待たせる事になるので、

今出来る最善の策として

さぼる事に。

社会人として情けない。

そんな俺の隣りには、

外国人に英語のレッスンを受けている女性が。

そして前方には異常に短いスカートをはいた美脚の外国人女性が2人。

明らかに『あの日本人、スケベね』という会話をしている。

一体ここはどこなんだ。

2008年10月20日 (月)

エチカの鏡

ピ君ファンの皆様にお配りする写真を

CD-Rにコピーする仕事を命じられ、

朝から大忙し。

月曜の朝はやることいっぱいあるのに。

昨夜から始まった『エチカの鏡』のOAチェック。

会議で何度も揉んだ台本なのに、

いざ見ると泣いてしまい、

朝から頭が痛い。

これじゃ仕事にならない。

今後、OAチェックは日曜の夜にしよう。 

2008年10月19日 (日)

興奮冷めやらぬ様子

週末、ピのコンサートツアーに行っていた

家内と子供を迎えに、羽田へ。

羽田の国際線ターミナルって、

こんなに小さかったんだ。

ロッテの免税店の袋に

ポスターらしきものを入れて出てくる女性客は、

多分みんなツアーの参加者。

みんな別れ際に

『それじゃ、また連絡します』と言い合っている。

そこへ、

ショートパンツにピンクのストッキング

と普段と全く違ういでたちの家内が登場。

何だ、その格好は。

ピ君のファンになると若返るという自説を提唱している家内だが、

そういうことだったのか。

帰りの車中、

コンサートはどうだった?と尋ねると、

前から10列目の席で

ピ君とはカメラのファインダー越しに3回も目が合ったらしい。

その証拠に、

目が合った瞬間にわざわざ髪を直して顔を作ってくれたとか。

ああ、それは間違いなく君を見てるねと言っておいたが、

家に帰って300枚近くある写真を確認したが、

どれがそうなのかわからなかった。

夜、家族で食事に出かけると、

自由が丘の駅前でABCの井口さん夫妻とバッタリ。

あわてて家内を紹介するも、

うちの家内いつもこんな格好してるわけじゃないんですよ

と一言言い訳したかった。

2008年10月18日 (土)

旅のしおり

Dscf3826_2

現在

家内が参加しているツアーの

『旅のしおり』

金曜夜に出国し、

土曜、ピ君のコンサートを見て、

日曜朝には帰国という強行日程。

夕方、家内から電話があり、

おそらく開演前のコンサート会場なのだろう、

カメラのフラッシュが光らないとの苦情の電話が。

それは明るいからじゃないかと答えると、

何の返事もなくそのまま切られる。

やつは相当舞い上がっている。 

2008年10月17日 (金)

一発屋

作家の村上とディレクターの中村さんと飲む。

中村さんとは

『まるまるちびまる子ちゃん』以来。

不思議な顔合わせ。

更にそこに何故か小島よしおが合流。

小島さんは

これまで色んな番組に出てもらっているが、

こうして話すのは初めて。

評判どおりの好青年だった。

やたら自分の事を一発屋、一発屋というので、

俺も聞いてて段々腹が立ってきて

『誰がそんな事言ってるの?

 そんなに自分でいうもんじゃないよ』

と言ったら、

ヘキサゴンの新ユニットだった。

そうと知り、俺も急に

『もっと言った方がいいよ』とアドバイス。

長いものには巻かれなきゃ。

2008年10月14日 (火)

裏表

Dscf3820

これで4回目となる

『緊急特番!

 ついていったらこうなった』

の放送がよりによって

『ロンドンハーツスペシャル』の真裏に。

会議をやってた頃は

オンエア日が決まってなかったので、

別に僕には何の落ち度もないのだが、

こういう時は

一応両番組のプロデューサーに

丁重な断りを入れておかなければならないのだが、

なんとなく言いそびれたまま

オンエア日を迎えてしまった。

多分、どちらのスタッフに電話しても、

『うちは別にいいですよ』

と言ってくれそうなのだが、

わざわざ忙しい時に

そんなメールをするのもどうかと思って

そのままにしておいた。

それに『緊急特番!ついていったらこうなった』

の字ズラだけ見れば、

あんまり僕がやってる感じがしないので、

まあいいかと。

タイトルだけ聞けば、

もっとちゃんとした社会派の作家さんがやってそうだし。 

2008年10月13日 (月)

東京マス会

Dscf3823_3

今週になって、

ようやく秋からのスケジュールが見えてきた。

先週あれこれ気をもみ、

腹痛になったのがウソのよう。

やっとスッキリした。

今日の夜中には

趣味でやっている番組

『東京マスメディア会議3』のオンエアが。

が、あまりに夜中すぎて

新聞のテレビ欄には『東マス会』としか出ていない。

もうちょっと出してくれよ。

しかも、録画予約しようとしたら、

その前後のふたつの番組も一緒にセットになっていた。

って事は

視聴率も、この前後の番組も含めた数字なのだろう。

なんだよ、その扱い。

規定打席に到達してないみたいじゃないか。

2008年10月11日 (土)

ジムで調整

夕方から特番の打ち合わせでテレ朝へ。

なのに会議室の連絡がない。

仕方なく3階の制作に行き、

そのディレクターの前に座るも、

イヤホンしながら

『なにか?』といったリアクション。

まさかと思ってメールを確認すると、

曜日を間違えていた。

もうがっかり。

六本木まで来ちゃったものはしょうがないので、

急遽ジムへ。

明日の運動会の父兄種目に向けて軽い調整。

確か3人一組になって大きな玉を運ぶやつだったと思うが、

自分の順番が回ってくるまで意外と緊張するんだよな。

偶然を装ってイケてない感じのお父さんと組むことも大事。

体力自慢のイケてるお父さんグループの中に間違って入ってしまうと、

とんでもない足手まといになってしまう。

もろもろ気をつけよう。

2008年10月 9日 (木)

家内からのメール②

Dscf3805

会議中、

家内から突然のメール。

『ヨン様かつら欲しい?』

何なんだ、これは?

今さら俺がそれをかぶってどこへ行くというのか?

後で聞いたらセールだったらしいが、

セールという言葉の響きは

ヨン様かつらをも

『あら、安いわ、買っておかなきゃ』

と思わせる魔力を持っているのか。

2008年10月 8日 (水)

家内からのメール①

Dscf3806

会議中、

家内から突然のメール。

スカパーが見れないらしい。

かなりご立腹の様子が文面から見て取れる。

今夜の番組といっても、

どうせ月に何度も同じものを放送している韓国のスターニュースだとは思うが。

みんながみんな気取ってインタビューなんかに答えてるようなやつ。

多分そんなに面白くない。

一応、どうしたの?と電話してみると、

原因もわからないのに電話するなと逆ギレされた。

意味がわからない。

2008年10月 7日 (火)

早退

『ロンハー』の会議の途中から、

何故か腹痛が。

段々激しくなり、

なんとか次の『アメトーーク』は出たものの、

我慢できなくなり、

次の会議は休むことにして、家に帰ることに。

途中家内にメールすると、

心配してくれるどころか、

ウイルスに感染してたら困ると、何と入国拒否。

成田空港かよ。

何とか家に入れてもらえたが、

帰ってみると、気まずいくらい何も痛くない。

これって仮病?

案外、精神的なものだったりして。

繊細なハートの持ち主だと思われたいので、

早く人に言わなきゃ。

平日の夜8時に家にいることなど普段ないので、

子供も驚き、

やがて俺の部屋で宿題をやり始めた。

見て欲しいらしい。

父親として大切な事をやってこなかった事に少々胸が痛む。

2008年10月 5日 (日)

お寿司屋さんにて

夜、家族で近所のお寿司屋さんに行くと、

隣りのカウンターに

あるベテランの映画俳優さんが。

とてもラフな格好をしてたので、

店にいたお客さんは誰も気づいてなかったが、

会話の中にその人が主演してた映画の監督さんの名前が出てたので、

多分間違いない。

一緒に来た人と、

寝ても冷めてもという感じで映画の話を熱く語っていたが、

店のテレビに、

加勢大周逮捕のニュースが流れると、

ぴたっと箸が止まり、

しばらくテレビ画面を見つめ

「役者は仕事がなくなると、こういうのに手出すんだよなぁ」

とボソリ。

さすがは映画俳優、

妙にそのセリフがきまっていて、

そこだけ映画のワンシーンを見ているようだった。

ま、実際は仕事がないどころか、

昼ドラ『キッパリ!!』で大忙しだったわけだが。

2008年10月 4日 (土)

漢字の練習

息子のクラスに

いつもテストで100点を取るお友達がいて、

なんでも日曜日に

お父さんがみっちり勉強をみてあげているらしい。

という事で、

我が家でも土曜日の午前中は

僕が勉強をみることに。

といっても、

うちの息子はほとんどの漢字を

プロ野球選手の名前で覚えているので、

「それは本多のホンの字」

「それは宗則のムネという字」

「それは松中のマツ」

とプロ野球名鑑片手に漢字の練習。

これで本当に勉強になってるんだろうか。

小2では出てこない「信彦」が書けたところで、

テストには一向に反映されないのだが。

2008年10月 1日 (水)

清原引退

王監督がやめてしまうからなのか、

季節が変わったからなのか、

仕事で腑に落ちない事があったからなのか、

家内に黄色と黒を一緒に洗濯するな

と怒られたからなのか、

どうも今週は気分が落ちる。

誰かに気づいてほしくて、

つい悩んでるふりをしてしまう。

本日最後の会議は『エチカの鏡』、

この番組の総合演出の杉本さんは異常なまでに志が高い。

自らをとことん追い詰めて作るタイプだ。

チーフ作家の海老ちゃんも、

これまたストイックな正妻タイプ、

おそらく今日本で一番丁寧な仕事をする作家だろう。

俺がディレクターだったら、

多分海老ちゃんにお願いする。

予約でいっぱいかもしれないが。

きっとこの番組、

今どき珍しい作品性の高い番組になるだろう。

夜中2時過ぎ、

小栗旬のオールナイトニッポンを聞きながら帰宅。

かっこいい人は下ネタも似合う。

缶ビールを飲みながら

『すぽると』で清原の引退試合をチェック。

泣ける。

またオリックスのユニフォームってのが

泣かせてくれるんだよなぁ。

しかし、イチローがアメリカから急遽駆けつけるほどの大事な試合を何故スカパーでしか中継しないのか?

予定を変更して

番長の引退を放送するぐらいの男気を見せてくれよ。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »