« 漫画デー | トップページ | 放送を終えて »

2008年9月 2日 (火)

そこにカメラがいるということ

先日、あるドキュメンタリー番組の中で、

とてもデリカシーのない演出があったと聞き、

悲しい気持ちになる。

多くの人々が涙したと思われるその番組、

そこに気づく出演者や視聴者はほとんどいないと思うが、

テレビマンはカメラがそこにいるというデリカシーのなさに気づかなきゃいけないと思う。

ドキュメンタリーというと

必ずヤラセとかが問題になるが、

ヤラセは見抜けても心まで見抜ける人は、

なかなかいない。

« 漫画デー | トップページ | 放送を終えて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532245/23542232

この記事へのトラックバック一覧です: そこにカメラがいるということ:

« 漫画デー | トップページ | 放送を終えて »