« 水の被害 | トップページ | そこにカメラがいるということ »

2008年9月 1日 (月)

漫画デー

『虎ノ門』の会議終わりで、

そのままヒルズの映画館に行き、

『20世紀少年』を観る。

月曜なのに、

なんでこんなに混んでるんだろうと思ったら、

オール千円の日だった。

大好きな原作。

おすぎさんの映画評はえらく辛いものだったが、

僕は普通に楽しめた。

またおすぎさんと逆だ。

その後、

テレ朝に戻り、

『アメトーーク』スラムダンク芸人の収録を観に行く。

僕も一応スラムダンク作家なので。

連載当時は、

少年ジャンプをこっそり土日に売っているタバコ屋をキープしたり、

日曜の夜中、コンビニに行き、

まだビニールに入ってる入荷したばかりのジャンプを指差し、

『売ってくれたっていいだろう』

と店員さんと押し問答したものだ。

スタジオに入る時、

丁度福田総理の辞任会見をやっていたが、

あの連載が終わった時の事を思えば、

そんなもんどうだっていい。

収録中、何度も泣きそうになる。

途中、休憩が入り、

いったんスタジオを出ようとしたら、

入り口付近に撮影に使った単行本が何冊か置いてあり、

それを見るなり、

ついしゃがみこんで読み始めてしまい、

ADさんに『どうしたんですか?』と言われて、

初めて我に返った。

そのくらい、

早く家に帰って読みたくなる収録だった。

« 水の被害 | トップページ | そこにカメラがいるということ »

コメント

スラムダンク店員です。
連載時、父の車では大黒摩季が流れてました。
そしてまんまと流れにのった私は中高とバスケ部です。

単行本の一コマネタには
井上氏の笑いのセンスを感じずにはいられませんね。

見にきたらよかったのに。21時から収録だったんだよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532245/23432825

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画デー:

« 水の被害 | トップページ | そこにカメラがいるということ »