« いつも心にパ・リーグを | トップページ | 本日3度目のブルペン入り »

2008年3月12日 (水)

キム・ギドク

ある特番の会議。

この番組のディレクターは昔からよく知ってるのだが、

ちょっと面白い。

かなりクセがある。

テリー伊藤さんが育てた最後のディレクターになるんじゃないかな。

土井ちゃんって言うのだが、

最初の作品は『浅ヤン』の『江頭グランブルー』

グランブルーといっても、そこに美しい海などなく、

あるのは大きい水槽とエガちゃんだけ。

誰も期待してない中、

とても面白いものを撮ってきた。

とにかく当たり外れがでかい。

珍作もあるが、つい次を期待してしまう。

土井ちゃん作品の中で僕が好きなのはCXの金曜8時にやっていた

『ワレワレハ地球人ダ』

変で面白かった。

『スネークハンター』シリーズや

映画『地獄の黙示録』を下敷きにしたぐだぐだの冒険もの

『ジャングルクエスト~密林に消えた宣教師を探せ~』など、

どのVTRを見ても登場人物たちが秘境で混乱を極めていた。

そして

土井ちゃん自身もカーツ大佐のようにいつの間にかその番組を去っていた。

かっこいい。

ある種の天才だけど世渡りはかなり不器用。

このクセの強さは韓国映画『悪い男』のキム・ギドク監督に似ている。

キム・ギドク監督の映画はどれも変で面白い。

土井ちゃんと去年やった単発の深夜番組

『叱って!ブロンド先生』も、

企画書を見せてもらった時は

まっとうなドキュバラ英会話番組だったと記憶しているが、

蓋をあければ英語SMという不思議なジャンルに突入していた。

ま、そっちは俺にも原因があるが。

キム・ギドクと土井ちゃん、

2人に普通という言葉はない。

« いつも心にパ・リーグを | トップページ | 本日3度目のブルペン入り »

コメント

「バラエティ」を創っている方が
ギドク氏好きって、興味深いです。

設定がどれも極端で「うわっdanger
って感じるのが面白いですね。

5月公開の『ブレス』
http://www.cinemart.co.jp/breath/
も、一足早く観たのですが、かなり変です。
お茶目な監督の踊りもありました。

機会があれば是非ご覧になってください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532245/11223334

この記事へのトラックバック一覧です: キム・ギドク:

« いつも心にパ・リーグを | トップページ | 本日3度目のブルペン入り »