« ちょっといいメモ | トップページ | 43歳。『少年ジャンプ』を卒業 »

2008年3月 3日 (月)

田中良平

Dscf3190

プロ野球ファンにとって、

この時期の過ごし方は大切だ。

どの選手が有望かちゃんと予習しておかないと、

シーズンに入ってからの楽しみが半減してしまう。

週刊ベースボール、各スポーツ紙は勿論、

こんな週刊プレイボーイの記事までも

重要な情報とあれば買ってしまう。

朝イチのコンビニで

週プレ一冊だけを手にレジに並んでいるのは、

さすがに恥ずかしかったが。

で、今週の週刊プレイボーイの特集記事。

『中田よりスゴイ!?12球団の「隠し球」の隠し球はこいつだ!』

ソフトバンクの大場、大隣、楽天の長谷部、ヤクルトの増渕や中日の平田など、

(そんな事言われなくてもわかってるよ、浅いなぁこの特集)

と思っていたら、

その中にロッテの大器、大嶺祐太君と並んで、

なんと田中良平投手の名前が。

思えば8年前、

わが故郷石川県、しかも同じ加賀市の

甲子園とは無縁の公立校・加賀高校から

ロッテにドラフト1位で入団した田中良平。

まだ高校生も大学・社会人も一緒の頃のドラフト、

当時のロッテだから有名選手を避けたとはいえ、

その年ロッテの4位はなんと日本を代表するサブマリン渡辺俊介。

石川県からドラフト1位に指名されただけでも立派なものですよ。

松井選手以来じゃないかな、多分。

ちなみに高校時代、

田中を含めて北陸三羽ガラスと呼ばれていたのが、

森大輔(元横浜)、そして巨人の内海(その年のオリックス1位指名は拒否)。

ちなみに田中の弟も西武で、

共に高校に入ってから投手に転向し、そのままプロ入り。

そこだけ聞けば、潜在能力が高いともいえるが、

案外石川県ならではの

(人の前に立ちたくない)

という気質から投手を避けてただけなのかもと心配。

風の噂で彼がサイドスローに転向したというのは聞いていたが、

いつの間にか背番号も99になっていた。

ロッテには同じ石川県出身で、

しかも同い年の大松選手がいて、

最近ちょいちょい活躍し始めていたので、

それなのに今頃良平はどうしたものかと、

親のように心配していた。

多分、彼はこれまでの8年間、

石川県出身というだけで、

「あ、松井と同じなんだ」

「いや、松井さんは僕なんかと全然次元が違いますよ」

的な辛い会話を5000回位してきたはずだ。

今季、ロッテは小林・薮田・藤田の3人が抜け、

抑えが手薄になったといわれているが

(実際はそうでもないと思うが)

今年こそチャンス。

もし、田中良平が中継ぎに定着したら、

僕もマリンスタジアムに行って、

26番目の戦士になり、

ライトスタンドで跳んでやる。

頑張れ、田中良平。

« ちょっといいメモ | トップページ | 43歳。『少年ジャンプ』を卒業 »

コメント

正直、薮田は残って欲しかったっす。あとの2人は・・・
去年の夏に飯能で行われたロッテVS西武(グッドウィル)の試合、もちろんファームですが田中兄弟が投げ合っているイニングがありましたよ。ついデジカメでスコアボードを撮ってしまいました。
99番がマリンのマウンドに立てるチャンスは去年よりはあるかと思います。ただ、なんだかんだで層が厚いですね。今年入ったルーキーの中にも伊藤や服部は即戦力が期待できるし、中郷、黒滝なんてのもいいです。本人ががんばって、あとはボビーにレン・サカタが推してもらえれば・・・。
付け加えて、ご存知かと思いますが今年は神戸くんが見ものであります!以上、シコースキーでした。 スタタタタ(ピョン)スタタタタ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532245/10894717

この記事へのトラックバック一覧です: 田中良平:

» 年利300%のFX投資法プレゼント中 [情報商材無料プレゼント係]
始めまして、FX投資研究会の田口と申します。 蛇足は好みませんので、結論からお話します。 このレターを読んでいる方の中に「年利300%以上の成果を出し続けているFX投資法」に興味のある方はいるでしょうか? 簡単に見積もっても現在100万円の投資資金があれば、1年で240万円、3年後には2000万以上の資産を形成できる計算になります。 毎月スワップ金利だけでも、30万以上の不労所得を確実に受け取れます。 ... [続きを読む]

« ちょっといいメモ | トップページ | 43歳。『少年ジャンプ』を卒業 »