« まさかの雨漏り | トップページ | キム・ギドク »

2008年3月12日 (水)

いつも心にパ・リーグを

Dscf3192

自分はエリートな人生を歩んでいないと思う人は

パリーグファンになるといいと思う。

実際、パリーグファンになっていなければ、

僕なんてとっくにつぶれていただろう。

常に満員の客が来る事が前提の巨人とは逆に、

常に客が来ないことが前提だったパリーグ。

失礼だが、それはテレビ局にもあてはまる。

どこがどことは言えないが。

その昔、いつプロ野球ニュースを見ても、

パリーグの選手はガラガラの球場で頑張ってきた。

しかも日ハムなんてちょっと前まで巨人の東京ドーム。

あれは辛かったと思う。

千葉マリンではライトスタンドだけが雨の中跳んでいた。

あの画にどれほど励まされたことか。

いつかは沢山の人が見にきてくれると信じて自分たちの野球を追求する。

テレビマンも同じだ。

新天地・札幌ドームを超満員にしたくて

新庄選手がドームの天井から降りてきたときには涙が出た。

あれは僕らにとってスペシャルの時だけでも何とか数字を取りたいと、

そこにピークをもっていくのと同じ。

福岡ドームはいつも満員だが、

それも王監督が10年もの歳月を費やし手塩にかけて今の常勝軍団を作ったからこそ。

それでも王監督は城島、井口といった自分が育てたスター選手をメジャーに送り出す。

なんたる器の大きさ。

さすがは世界の王。

野茂、長谷川、イチロー、吉井、伊良部、田口、松井(稼)、松坂、

パリーグで育った選手はどんどん海を渡っていく。

勿論セリーグにいく選手もいる。

それでもパリーグは

1年目のダルビッシュ選手や涌井選手のように

大きく負け越しても我慢強く使い続け、

次なる生え抜きのスター選手を作り続ける。

実際ここ1,2年のスポーツ紙の一面は

パリーグの選手が飾る事が多くなった。

ダルビッシュ選手が不振の中田翔を擁護していたが、

パリーグなんだから使ってほしい。

失意の新番長が一年かけて這い上がってくる泥臭いドラマを僕たちに見せてほしい。

今年もパリーグから僕は沢山の事が学べそうだ。

« まさかの雨漏り | トップページ | キム・ギドク »

コメント

なるほど。
野球にはあまり関心がないので、
パ・リーグについて、そういう見方をしてなかったです。なかなか、おもしろいですね。

今、パリーグの方が人気選手集まってるような気がする私は北海道在住の日本ハムファンです(セリーグは阪神のファンですが)。
ソフトバンクが福岡、日本ハムが札幌、楽天が仙台にあるのが大きいですね。(この3都市とその周辺にはセリーグのチームがないのもありますが)
あと今思えば、「ストッパー毒島」を描いてたハロルド作石はパリーグへの注目点が良かったなと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532245/11187889

この記事へのトラックバック一覧です: いつも心にパ・リーグを:

« まさかの雨漏り | トップページ | キム・ギドク »